初心者のための、最初に覚えるウクレレ基本3コード

今回は、ウクレレの基本コードです。
その中でも「基本中の基本」とも言うべき、3つのコードを紹介します。
 
 ところでチューニングしましたか?
 まだでしたら、先に音合わせしてくださいね!
 チューニング方法は こちら から…
 
では早速、コードを押さえてみましょう!

 

Cコード

いろいろなコードの中でも一番の基本といえるのが「C」のコードです。
指1本で押さえられる簡単なフォームなので、ウクレレ初心者でもすぐに覚えられますよ。

薬指で1弦3フレットを押さえて、他の弦は開放を弾きます。

 

Fコード

続いての「F」コードを押さえる指は2本となりますが、やはり初心者でも簡単です。

人差し指で2弦1フレットを、中指で4弦2フレットを押さえます。

 

G7コード

基本コードの3番目は「G7」コードです。
指3本を使って弦を押さえますが、「C」や「F」よりは少しだけ難しいかも…

人差し指で2弦1フレットを、中指で3弦2フレットを、薬指で1弦2フレットを押さえます。

 

まとめ

コードを押さえるときは、指板(フィンガー・ボード)に垂直に力がかかるように、できるだけ指先の近くで弦を押さえるのがコツです。
 
ガズ先生の動画も参考にしてみてください。

これら「C」「F」「G7」の3コードだけで弾き語りを楽しめる曲も、たくさんありますよ。
基本中の基本コードですので、しっかり覚えましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です